スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モーラ−奏法の為のグリップ
さて,今回はモーラ−奏法を行う上でのグリップについて述べたいと思います。以前、手首をブラブラさせる感じで叩くと述べましたが現在一般的に普及してるグリップ、親指と人指し指を支点にスティックをホールドするグリップで手首をブラブラさせる事ができるでしょうか?それは、不可能だと思います。親指と人指し指でホールドしただけで手首が力んでしまいブラブラできないと思います。ではどのようなグリップがいいのでしょうか?それは、中指と親指でスティックをつまみ、なおかつ振り上げたときとヒットしたときで形が変わるフリーグリップというものです。日本で一般的に用いられているグリップは、必然的に親指と人指し指でスティックを握ってしまいます。その結果完全なリラックスができません。しかしフリーグリップを用いれば、人指し指がスティックの飛んでいくのを防ぎ、薬指、小指がリバウンドをコントロールできるのでスティックを握る必要がありません。よって、完全なリラックスができるのです。ぜひ、フリーグリップをマスターしましょう!
| モーラー奏法 | 01:06 | comments(15) | trackbacks(139) |
ゆる
だれでも「達人」になれる!ゆる体操の極意
だれでも「達人」になれる!ゆる体操の極意
高岡 英夫
この本は、体をリラックスさせるのに最適なゆる体操を紹介しています。ゆる体操は,かなり効果的です。こちらからご購入頂けます。
| モーラー奏法 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(9) |
なかなか,為になる!
スーパーボディを読む―ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」
スーパーボディを読む―ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」
文章だけでは,なかなか説明しきれない事もありますのでお勧めの書籍を紹介します。この本は,直接モーラ−奏法に関して述べてはいないのですが理解する上でかなり参考になります。こちらから、ご購入頂けます。
| モーラー奏法 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
モーラー奏法は、万能か?
みなさん,お久しぶりです。三泊四日で旅行に行ってたもので更新出来ませんでした。申し訳ございません。
さて,今日は僕の勘違いを述べたいと思います。タイトルにモーラー奏法は万能か?と書きましたが、万能だと思います。勘違いというのは、モーラー奏法をマスターするだけで何でも叩けると思っていたことです。モーラー奏法の性質上,奏法自体の修得が難しくそれを音楽に応用するとなると、大変な努力が必要だと思います。僕は、恥ずかしながら奏法をマスターするだけでどんなプレイでも即座にできてしまう神秘的なもののように感じていました。それは,大きな間違いでした。モーラー奏法を使用しなくてもすばらしいドラマーは,たくさんいます。ただ,マスターすればさらに自分のプレイに磨きがかかると思います。奏法は手段であって目的はあくまでも音楽表現だという事です。この点に注意して,モーラー奏法をマスターしましょう。今日は以上です。o
| モーラー奏法 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
モーラー奏法の為の、腕、指のリラックス
今日は,腕と指のリラックスについて書きたいとおもいます。まず腕です。いくつか方法がありますが,簡単な物を紹介します。まず,足を腰幅に開いて下さい。そして頭の中心から,開いた足の中心を結ぶ線、簡単にいえば体の中心線をイメージして下さい。そしてその中心線がぶれないように体を左右に回して腕をブラーン,ブラーン,と振って下さい。例えるなら,ラジオ体操にあるような感じです。これは,スワイショウとよばれるもので太極拳などで用いられる方法です。15分ぐらい連続して行うと腕の力みがとれてきます。注意点としては、腕自体を振るというよりは体を回して,後から腕がついてくるという感じです。次は,指です。指といっても、手の甲の中まで指の骨があるのでそこから意識します。これは簡単、指がブラブラになるように手首を振って下さい。指の力みがとれると思います。この,指がブラブラした感じでスティックを振ればいいのです。が,この点については別の機会に。今日はここまで拍手
| モーラー奏法 | 06:35 | comments(1) | trackbacks(4) |
モーラー奏法との出会い
今日は、話題を変えて僕とモーラー奏法との出会いを書きたいと思います。僕は、ドラムを始める前 空手をやってました。何年か経つにつれ筋力に頼らない身体の使い方があることを知りました。そして時が経ちドラムを始めました。最初は、何も考えずに教則本どおりに練習してました。そして、ふと思ったのです。筋力に頼らないドラムの奏法はないものかと!色々調べてみると、モーラー奏法、フレーディグルーバーシステム、という物の存在をしりました。それらは、どこで体得できるのか?ドラムマガジンに手のレントゲン写真が掲載されたドラムスクールの広告がありました。それが、ドラム人間科学
K's music でした。現在ホームページでかなり詳しくモーラー奏法を紹介してます。リンクしてますので、是非御覧下さい。
| モーラー奏法 | 12:27 | comments(1) | trackbacks(107) |
リラックスの自覚
こんにちは、タカです。今日は、リラックスの自覚について書きます。リラックスとは何なのでしょう?地球上で生活してる私達には、重力がかかっています。その重力を感じる事ができる状態だとおもいます。では、どのようにすれば重力を感じる事ができるか?まずは、肩です。肩をグーっと上に上げてストンと脱力して肩をおとします。これを何度か繰り返します。するとどうでしょう?肩が、ダラーッとした感じになりませんか?このダラーッとした肩の重みが肩にかかっている重力です。この感じを保ったまま、腕を肩ごと上に上げて、膝に落としてみて下さい。凄く痛いとおもいます。同じ要領で、スティックを軽く持ってドラムを一発叩いてみてください。パワーがあがると思います。
今日は、肩のリラックスでした。
| モーラー奏法 | 14:29 | comments(5) | trackbacks(44) |
ドラムの楽な叩き方
みなさん、はじめまして
嬉しいタカと申します。これから、ドラムの楽な叩き方について書きたいと思います。宜しくお願いします。
ドラムを叩く時の体の使い方、緊張の度合い、意識の状態など色々な要素が存在します。
それらについて自分なりに調べたり、人から教わったり,感じた事などがあります。が、まずはどのようにしたら楽に叩けるか、ということです。それは、リバウンドを最大限に利用することです。
そのためには、完全なリラックスを自覚できなければいけません。
その方法は?
後日、お楽しみに
見る
| モーラー奏法 | 01:10 | comments(1) | trackbacks(4) |